Adobe Creative Cloudのデザインツールがバージョンアップ!

Home  Jimdo Blog > デザインツール > Adobe Creative Cloudのデザインツールがバージョンアップ!

 

Adobe Creative Cloudのデザインツールがバージョンアップに伴い再度、無料体験可能になりました!

 

先日、2014年1月16日にAdobe Creative Cloudの主力デザインツールが一斉にバージョンアップされました!

 

新年早々バグの修正アップデートはありましたが、まさかこんな短いブランクで大きなバージョンアップがされるとはびっくりです。早速、いくつかの新機能を使ってみましたが良いですねー!ものすごく便利で更にかゆいところに手が届く感じに進化しました。

 

Photoshop Creative Cloudの遠近法ワープがすごい!

 

Photoshop、Illustratorの進化が良い感じです!

 

Photoshopの「遠近法ワープ」も今後大いに使えそうですし、何より個人的に嬉しかったのは「配置」機能が進化したこと。今までIllustrator側にはリンクを配置する機能がありましたが、今後はその機能がPhotoshopでも使えます。つまり埋め込みによる配置(こちらも選択できますが)ではないので、.psdファイルや.aiファイルのオリジナルデータを参照してデザインに反映してくれるという訳ですね。

 

メリットとしては、参照元データの修正をリンクによってタイムリーに反映させてくれるため、WEBサイトのデザインカンプなど膨大なデータになりがちな親ファイルのサイズを小さく抑えることができるということになります。IllustratorにあってPhotoshopになかったのが不思議なほど欲しかった機能です。

 

photoshop CC リンクを配置

 

 

 

詳しくはこちらのビデオをご参考にどうぞ。↓ ↓ ↓

 

 

そして朗報ですが、今回のバージョンアップに伴って、もうすでに体験版(無料)の有効期限30日を使い切ってしまった方も、有効期限がリセットされており、再度、新しいバージョンのお試しができるそうです!

 

この機会にぜひ新しいAdobe Creative Cloudのデザインツールを体感してみてはいかがでしょうか?

 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加