WEBページを見た目のままPDFに保存する方法

Home  Jimdo Blog > デザインツール > WEBページを見た目のままPDFにしてメモる方法

 

 

ネットサーフィンで見つけたWEBサイトなどを、WEB以外の方法で残したいと思った時どうしますか?

 

データで欲しいとなった場合はやはりPDFが便利です。

もちろん、その後で紙に印刷も出来ます。

 

ブラウザの印刷モードでPDFした場合・・・

Jimdoの印刷用ボタン
Google ChromeによるPDF印刷
(クリックで拡大)

 

Jimdoのデフォルトでは一番下に「印刷用」というリンクがありますので、これをクリックすると今サイトを見ているブラウザの印刷画面が開きます。

 

そこの印刷モードを「PDF」にして印刷をすると簡単にPDF化してくれるのですが、その場合、こんな感じに出来上がってしまいます。

・・・ん?

 

確かに読み取れますが、ヘッダー、サイドバーなどのデザインは印刷されず、

コンテンツ部分だけなのでちょっと残念な印刷結果になってしまいました。

 

そこでインストール不要のオンラインサービス「BDF Burger(PDFバーガー)」を使います

 

まず、PDF Burgerにアクセスしてください。

 

【URL】 http://pdfburger.com/web-to-pdf

 

海外サイトなので英語表示ですが、使い方は簡単です。

 

PDF Burger

 

上のような画面が出ますので、①、②の手順をするだけでOKです。

 

たったこれだけ。簡単です!

 

 

PDF作成中・・・

 

PDF作成には少々時間が必要ですが、PDFの作成ツールとしては早い方だと思います。(個人感想)

 

ダウンロードして完了です

 

先ほどのURLを入力したボックスの下に今作られたPDFファイルが表示されますのでこれをダウンロードします。

 

保存先を指定してPDFファイルを保存します

 

保存先を指定して「保存」します。

 

Google Chromeをお使いでダウンロード時にWINDOWSの警告が出てしまう場合の対処法は、

以下のサイトが大変参考になります。

 

「この種類のファイルはコンピュータに損害を与える可能性があります。」と表示されてしまう場合

→ Chromeダウンロード時の警告メッセージ解除

 

PDF Burgerを使ってPDFができました!

PDF Burgerで作成したPDF

ダウンロード
PDF sample
PDF Burgerを使って作成したPDF
www.bee-custom.com.pdf
PDFファイル 886.6 KB

ブラウザの印刷モードで作成したPDF

ダウンロード
PDF sample
Google Chromeの印刷モードで作成したPDF
アメブロとJimdoをカスタマイズ! - WEBデザイン研究所BEE.pdf
PDFファイル 370.3 KB


 

これはとっても簡単・便利ですね。

 

出来上がったPDFはきちんと日本語化されていて、文字の選択、コピーも可能です。

 

Adobe Acrobatでも「WEBページからPDF」で同様のことが出来ますが、

当サイトの印刷結果はPDF Burgerの方が崩れが少なく綺麗でした。(なんと!)

また作成時間もPDF Burgerの方が早かったです。(Adobe Acrobatはデフォルトの設定)

 

もしご興味ありましたら、ブックマークなどしてぜひご活用されると良いかと思います。

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加